ヒトのカラダとビタミンC

男性と女性のビタミンCの摂取量の違い

ビタミンCは、人の身体に必要不可欠な栄養素です。
男性と女性でビタミンCの摂取量を比べると、食事の量が少ないはずの女性の方がビタミンCの摂取量が多いということがわかっています。

これは何故かと言うと、男性よりも女性の方が心がけてビタミンCを摂取するようにしていることや、男性の食生活はどうしても野菜不足になりやすい、ということが原因だと考えられます。
確かに女性はサプリメントやドリンクなどの栄養補助食品を摂取する人が多いですし、男性はラーメンや焼き肉などの脂分が多くてビタミンCの少ない食事を好む傾向にあります。

ビタミンC不足になると…。

少しの間だけビタミンCの摂取量が少ないのならば、人の健康にも大きな影響は無いかもしれませんが、ずっとビタミンC不足の状態が続くと、人の体は酸化しやすくなります。 人の身体が活性酸素によって参加していくと、身体が老け込み、疲れが取れなくなったり病気にかかりやすくなったりと、日々の生活に様々な不具合が出きます。
ここでは、人の身体の肌や細胞などに対し、ビタミンCが具体的にどのような作用があるのかを考えてみましょう。
詳しくはビタミンCが不足すると…?のページを御覧下さい。