ビタミンCコラム

ビタミンCと尿路結石症の関係

昔は「ビタミンCを摂取し過ぎると、尿路結石になってしまう」と考えられていました。
これは何故かと言うと、ビタミンCを摂取し過ぎると、尿中のシュウ酸が増えてしまうと考えられていたからです。
シュウ酸は水に溶けやすい上にカルシウムと結合しやすいので、尿路結石の原因となると言われています。

以前の研究では、ビタミンCの過剰摂取により、尿中のシュウ酸の濃度が高くなるという結果が奉告されていました。
ですがこれは誤りで、尿中のシュウ酸の値が正しく測定されていなかったことがわかっています。

現在では基本的にビタミンCの過剰摂取が尿路結石の原因となることは否定されています。
むしろ現在では「ビタミンCは結石の原因とはならない」「ビタミンCは結石のリスクを軽減させる」と言われているぐらいです。

とはいえ、ビタミンCに限らず、どんな栄養素でも「過剰摂取」はあまり推奨されるものではありません。
何か体調に不具合があった場合は、速やかに医師に相談することをお勧めします。