ビタミンC発見の歴史

ビタミンC発見の歴史は、壊血病対策の歴史と言っても過言ではありません。

中世のヨーロッパでは、15世紀末に大航海時代を迎えることになりますが、大航海時代の先駆者とも言える船員達から最も恐れられていたのが「壊血病」なのです。

長い航海の間、当時の稚拙な食品保存の技術では、どうしても生鮮食品が不足しがちになってしまい、その結果、恐ろしい壊血病が船員たちを悩ませることとなったのです。

壊血病とビタミンCについてはこちらから

ビタミンCの具体的な医学的根拠の証明についてはこちらから