ビタミンCの主な効果と効能

ビタミンCの効果って?

ビタミンCは、塗ることも飲むこともできる栄養素で、経口摂取の場合は主に小腸から体内に吸収されます。

人間が生きるためには「呼吸」が不可欠ですが、呼吸の際に必ず体内に摂り込まれるのが「酸素」です。
酸素は私達人間が生きるためには欠かせないものですが、体内に摂り込まれた酸素は、紫外線やストレスなどの外的要因により、肌や人体に有害な「活性酸素」という物質に変化します。

ビタミンCは、この「活性酸素」を消去する力、つまり「抗酸化作用」を持った栄養素なのです。
また、活性酸素の消去だけでなく、様々な美容や健康に効果を発揮することがわかっています。

更にニキビや吹き出物予防の抗炎症作用や皮脂の分泌を抑える力もあり、体内の様々な代謝に影響を及ぼしています。

このように、ビタミンCは、塗っても飲んでも効果が期待できる、とても万能な栄養素なのです。
ビタミンCの性質についてはこちらから