ビタミンCの主な効果と効能

私たちにふりかかる様々なストレス

「ストレス」という言葉を聞くと、一見、仕事や対人関係のストレスを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
ですが、日々の生活で私達にふりかかるストレスには、ありとあらゆる要因があります。例えば「天候が暑すぎる・寒すぎる」といった何気ないことですら、ストレスとして蓄積されてくのです。
その他にも、疲労・痛み・苦痛・気分の落ち込みなど、人間にふりかかるストレスの種類は数え切れないと言っても過言ではありません。

ビタミンCのパワーで日々のストレスに対向する

実はビタミンCは、ストレスを緩和させるために欠かせない存在です。

人間がイライラや緊張を感じると、ビタミンCだけでなくミネラル群を消費しやすい状態になってしまうので、適度に補給しなければなりません。
特に喫煙や過度のアルコール摂取は、体内のビタミンCを大量に消費してしまいます。

この人間の「ストレス」に立ち向かうために抗ストレスホルモンである「アドレナリン(副腎髄質ホルモン)」が大量に消費されます。
この抗ストレスホルモンの生成に、実はビタミンCは大きな役割を担っているのです。

また、睡眠作用のあるホルモンの一種である「メラトニン」とビタミンCの関係についても、現在、多くの研究が続けられています。
特に睡眠に関しては、日照時間や睡眠と覚醒のサイクルやリズムなど、ビタミンC以外にも様々な因子が影響しています。
ですが、体内のストレスを軽減してくれるという点では、ビタミンCが睡眠に関連する生理因子を正常に働きやすい環境に導いていると言えるのです。