ビタミンCの上手な摂取方法

ビタミンCを摂取しやすい効果的な調理方法

ビタミンCを摂取しやすい効果的な調理方法

ビタミンCは、私達の健康を維持するために不可欠な栄養素ですが、ビタミンCという栄養素は、他のビタミンに比べてデリケートだと言われています。
ですから、せっかく野菜からビタミンCを摂取しようとしても、調理法によっては効率良くビタミンCを摂取できない場合があるのです。
せっかく食材に沢山含まれているビタミンCを破壊しないためにも、保存や調理には工夫が必要です。

特に収穫後も活発に呼吸を続ける果物や野菜の場合は、低温保存をするようにし、長い時間、水にさらしたりしないようにしなければなりません。

また、水洗いでもビタミンCは損失してしまうことになりますので、食材の洗いすぎにも注意が必要です。これは何故かと言うと、ビタミンCは水溶性で水に流れやすいためなのです。

また、果物や野菜をカットして保存すると、断面が空気に曝されることにより酸化が促進されるため、ビタミンCが減少しやすくなってしまいます。

更に、ビタミンCは熱に分解されやすいので、茹でるよりも炒めた方が損失は少ないと言われています。
ですから、茹でたり煮たりするよりも、蒸し料理や炒めものとしてビタミンCを多く含む野菜を調理した方が、より効率良くビタミンCを吸収することができます。

余談ですが、じゃがいもなどのイモ類は、デンプンが糊化することで、加熱してもビタミンCが壊れにくく、比較的様々な調理方法に適した食品だと言われています。