ビタミンCの上手な摂取方法

ビタミンCを効率良く摂取するには

ビタミンCの上手な摂取方法

人間はビタミンCを体内で生成できませんが、その作用の本体であるL-アスコルビン酸は、様々な身体の機能が正常に働くために、あらゆる場面で必要となるものです。
ですから、人間はビタミンCを外から取り入れなければなりません。

日常生活でビタミンCを摂取するには、やはり食べ物から摂取することが基本となるでしょう。

ですが、現代の土壌で育つ野菜や果物に含まれるビタミンCは、昔に比べて減少していますから、十分なビタミンCの摂取が難しくなってきているという厳しい現実があります。
また、ビタミンCは水溶性ですから、せっかく頑張って沢山摂取しても、吸収の段階で余剰なビタミンCは体外に排出されてしまいます
以上のことを踏まえた上で、効率的にビタミンCを摂取するためには、ミネラル類(普段、不足しがちなマグネシウムや亜鉛など)もバランス良く取り入れることが大切なのです。

また、せっかく高濃度なビタミンCを摂取しようとしても、食べ合わせや調理方法によっては十分な働きを期待できない場合があります。そのため、個々の食材に合った組み合わせや調理方法を考えてビタミンCを摂取することが大切です。
例えば、野菜類には豊富なビタミンCが含まれていることは知られていますが、ビタミンCは調理に酔って破壊されやすく、なかなか食品からビタミンCを多く摂取することは難しいのが現状です。
旬の時期に収穫された野菜には、普段よりも豊富なビタミンCが含まれています。ですから、なるべく旬の時期の野菜を食べるようにすると良いでしょう。
また、同じ野菜類でも、じゃがいもやさつまいもに含まれているビタミンCは、ビタミンCがデンプンによって守られているので、調理によってビタミンCが破壊されにくくなっています。

このように、ビタミンCの様々な特性を知り、日々の生活で効率良くビタミンCを摂取することを心がけましょう。