ビタミンCの上手な摂取方法

ビタミンCの過剰摂取

様々な種類のビタミンCがありますが、基本的にビタミンCは水溶性です。

ビタミンCの過剰摂取による健康被害は考えられませんが、ビタミンCを必要以上に過剰に摂取した場合は、体内で吸収されにくくなってしまいます。
効果を急ぐあまりに多量のビタミンCサプリメントを飲んでも、体内へは決まった量しか吸収されません。

ビタミンCを過剰に摂取しても、余剰分は尿として体外に排出されるため、基本的には人体に悪い影響は無い、と言われています。
ですが「薬品」や「サプリメント」の名目で売られているビタミンCの場合は、下痢や腹痛といった胃腸・消化器官のトラブルや、めまいのような症状が見られる場合があるそうです。
ビタミンCのサプリメントを摂取する場合は、あくまでも用法・容量を守って過剰摂取は控えるようにしましょう。

効果的にビタミンCを摂取するには、一度に沢山の量を摂取するのは避け、1日の間で摂取する回数を数回に分けると良いでしょう。
更に、ビタミンC単体で摂取するのではなく、ビタミンEやカロチノイドなどの他の抗酸化作用のあるサプリメントと摂取すると、抗酸化作用のある物質の体内の酸化を防ぐ働きにより、体内にビタミンCが滞在して効果を発揮する時間が長くなります。